· 

ほっくほくのお芋、できました♪

 『おひさま畑』から収穫したさつまいもをしばらくの間寝かせた後、

3歳児さんがゴシゴシとお芋を洗い、翌日4.5歳児さんが濡らした新聞紙に包み、更にアルミホイルで巻いて、子どもたちはワクワクしながら焼き芋の準備をしてくれました。

 

湘南まるめろ保育園のおやつで食べる『焼き芋』は、給食室ではなく

理事長宅の畑の中で作る本格的な『石焼き芋』です。

畑では理事長が焼き芋の為に特注で作った鉄製の金物に、これまた焼き芋用に用意した小石を入れて、火を焚いて準備をしてくださっていました。

お芋を届けてくれた4.5歳児さんも興味津々です。石の中にお芋が隠れると「楽しみだなぁ~」「美味しくできますように」理事長先生と火の神様に後はお願いをして2~3時間後!ほっくほくの石焼き芋ができました♪

できた焼き芋はおやつで美味しくいただきました。

 

 

※下の画像をクリックすると詳細がご覧いただけます。

また小さなサツマイモは芋判用になりました。

「さつまいもお風呂に入ってるね~温泉かな?」そう言いながら、楽しそうにお芋を洗っていた2歳児さん。

綺麗になったサツマイモは、お芋のスタンプとして楽しみ12月の製作になりました。