· 

運動会に向けて

 事務所の棚を片付けていると、ガラガラガラッ

「悪者はいないか!?やっつける!!」

突然やってきたのは、両腕に手裏剣を付けた3歳児さんでした。シュシュシュシュッ☆

手裏剣を繰り出すポーズでみんなノリノリです。

 思わず「うう・・やられた・・・」パタリッ

 

事務所の悪者を倒した3歳児さんはスタスタスタッ!

そろりそろりと移動し1歳児さん0歳児さんのところで架空の悪者を退治していました。


3歳児さんの後について行き忍者気分を味わっている子もいるほど、小さなこどもたちにとって3歳児さんは

憧れの存在です。

 また別の日には2歳児さんが園庭でかけっこをしていました。「ゴールには先生のお母さんが待っているよ。先生のお母さんは・・今日はA先生♡」

運動会当日と同じように、さりげなく1人ずつ名前を呼びお母さん(先生)の所へ笑顔いっぱい駆け抜けていきます。

 


 この二つの出来事は、それぞれ運動会の練習を始めた初めての日でした。両園で各年齢を担当している保育士たちは子どもたちが気づかぬうちから、競技を楽しんで行えるよう工夫し日々を過ごしています。

忍者ごっこを楽しんでいた3歳児さんは、運動会で忍者に変身してダンスを踊ります。当日までの間、時には忍者の師匠から手裏剣を貰ったり、両園の同じ年齢の子どもたちと一緒に練習をしたり、小さなお客さんの前で披露するなどして楽しみながら気持ちを高めています。

 

運動会当日は大勢のお客様と普段と違く環境で戸惑ってしまうかもしれませんが、子どもたちの当日の姿を温かく応援していただけたらと思います。

 

 ※下の画像は先日行われたリハーサルと準備をする職員の様子です。当日をどうぞお楽しみに♪