· 

大きくなるのかな?-その後

 夏のような日差しが降り注いでいた日。

第2湘南まるめろ保育園の3歳児さんが、自分たちで植えたきゅうりのプランターを覗いていました。

 

「あ!お花が咲いてるよ!」

「なんだか大きくなってる!」

「ピョーンてしてるのが、棒にぐるぐるしてつかまってるね!」

 

 丁度子どもたちの目の高さにある花や葉っぱの生長に気付き、保育士に次々と報告をしていました。

「もっと大きくなってね~♡」と水やりと雑草抜きを終え、次はじゃがいも畑に向かいます。

 湘南まるめろ保育園の5歳児さんが植えてくれたじゃがいもは、葉が茂り、花が咲き3歳児さんの背の半分の高さに迫るほど生長しています。

 「土がパサパサしてて、暑くて『じゃがいも』もお水がほしいみたいだね。」と呟くと、子どもたちは一生懸命お花の部分にお水をあげていました。葉っぱをかき分け「ここにあげるといいんだよ。」と土を指して保育士が伝えていましたが、まだ見えぬ『じゃがいも』よりも、やはり『お花』。繰り返し『お花』に水をあげる姿が微笑ましかったです。

 

 そんな中、土からちょこんと顔を出し少し、緑がかった『じゃがいも』を子どもたちが見つけました。「本当にじゃがいも!あるんだね!!」と、子どもたちは大興奮です。ちょうど散歩から帰って来た0歳児さんと1歳児さんに嬉しそうに見せていました。6月はいよいよ待ちに待った『じゃがいも掘り』を予定しています。大きく育ったじゃやがいもを子どもたちが見つけるのが、今から楽しみです♪