· 

お店屋さんごっこ

「さぁこれから、好きなお店に行って好きな物をお買い物してきてください」の声掛けと同時に子どもたちが集まった一番人気のお店屋さんは・・・なんと食べ物屋さんでした。

 

お気に入りの食べ物を両手で持って、端から端のお店へ脇目も振らず直進する0歳児さん。

 

欲しいものを全部買ってそれでもまだ欲しい!でもどれをやめるか考えあぐねる1歳児さん。

 

商品を試しては、どれにしようかな?と選びに選びぬく2歳児さん。そこかしこで、子どもたちの可愛いやり取りが見られました。

 

どんなに小さな子どもたちでも「ちゃんとお金を出して商品を受取ることができる」ということに、職員たちは驚いていました。普段から保護者の方のお買い物の様子を、子どもたちはちゃんと見ているのですね。

本園では、3.4.5歳児さんが売り子さんになってお店屋さんを楽しんでいました。ぞれぞれの年齢に合わせた「お店屋さん」を思う存分楽しむ一日となりました。

 

 

 


2歳のある女の子が、最後に「先生。ありがとうね♪」と輝く笑顔で言ってくれました。私たちにとって子どもたちの笑顔と「楽しかった~」の声は何よりのご褒美です。職員の休憩時間中、子どもたちの「お買い物エピソード」で話は尽きませんでした。